耳にちょっと異常 

以前、松桜の耳の中に血豆のようなものができていた・・・というようなことを書いたかと思いましたが、それがこの度数を増やし、「病院に行こうかな・・・」jと、決心したのが、夕方の17:30位でした。

とりあえず、病院に電話をして、「耳の内側に血豆のようなのが増えていて・・・」と、相談したのですが、いつも行っている病院は予約制。
電話している間に思い出して、「あ、でも、予約いっぱいですよね(苦笑)」と言った後、以前から自分で温めていた計画を思い切って「・・・自分でとっちゃダメですか?」と聞いたら、「ダメですよ?」と、あっさりきっぱり言われてしまいました(>0<)

その後、「予約の合間に診るので来てください」と言われたのですが、時間が無かったので、とりあえず近場に有った大き目の袋に入れて、丁度帰ってきた旦那Sを駅でピックアップして病院へ向かいました。

結果から申し上げますと、経過を見るとのこと。
あまりにも血豆がのようなものが耳の穴をふさぐくらい大きくなったら、穴を防ぐ部分をレーザーメスで焼き切るとのこと。

耳ごと切られるのではなくてよかったとは思いましたが、患部を窒素で焼き切るのではなく、メスで切ったり縫ったり、抜糸したりで結構大事になるのでは・・・と、その時の手術代の予定額を伺ったところ、後から旦那Sに叱られました。

「大事な娘の一大事に、お金じゃないでしょ?!」と。

でもね、でもね、やっぱり保険に入ってないし、一旦耳の治療をしたら、保険に入っても耳関連の治療では保険は出ないらしい。
と、なると、どうしても実費になるのです。
嫌らしい話、どうしたって治してやりたいから、逆にそのために費用を積み立てないといけない位の手術代がかかるのかと思ったのですよ。

先生の話から、とりあえず、気絶したり、心臓が止まるほどの額ではなさそう。
もしも・・・のことがあっても、即決でお願いできそうです。

もしものことが無い事を祈ってますが・・・。

因みに、この耳にできる血豆は、スコちゃんだからではなく、できるニャンコにはできちゃうそうなのです。
スコちゃんは耳の掃除をこまめにしないといけないので、掃除がてらチェックしてますが、そうではない子は、この機会に、ちょっと耳をチェックしてあげるのもいいかもしれません。


さて、↓は待合室で診察街の旦那Sに抱っこされた松桜です。


b0225187_23374932.jpg


とにかく私に不信感持ちまくりで、怒りまくりです。

説明なしで連れてきちゃったからね~(^^;)

でも、怒りは持続せず・・・

b0225187_23374960.jpg


今度は不安でしょうがなくなってます。

一旦は旦那Sの懐に潜り込もうとしたのですが、松桜がでかすぎて、はみ出して、またバッグに戻ってきました(苦笑)

b0225187_23374953.jpg


最後には・・・

本気で涙を流してます。

(そんなに泣く???涙流さなくても(@v@;)クプププププ)

と、ついつい悪いお母ちゃんは松桜の涙をぬぐいながら笑いをこらえてしまったよ。

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

いらしてくださいましてありがとうございます。

猫も、ほろほろと涙を流すのだなぁ・・・と、のんきなことを思ってしまいました。
一先ず、様子見でよかったです。
そして、これ以上悪くなりませんように・・・。
[PR]
by fukuumemomotake | 2016-04-12 00:03 | 松桜のこと | Trackback | Comments(6)